ディナー・ロールを焼きました。
珍しくふわふわ系の白パンです。
e0202287_15463.jpg

ごく普通のバターロールのレシピですが、
私はいつも卵黄だけを生地に混ぜています。
卵白は大さじ1の水で薄めて、艶出し用に
パンの表面に塗ります。
全卵を塗るより控え目な艶に仕上がり、
卵のニオイもあまり気になりません。
e0202287_1563152.jpg


こちらはバターナッツかぼちゃとカリフラワーのポタージュです。
e0202287_1583813.jpg

本来バターナッツかぼちゃは、もう少しオレンジの色味が
強いのですが、今回はとても鮮やかな黄色になりました。
レッドパーム油で野菜を炒めたからかな?

ビーツのポタージュ。
e0202287_15115747.jpg

我が家のキッチンに居る、3.5馬力の野獣が
いい仕事をしてくれるおかげで、
とても滑らかでクリーミーなスープになりました。
その舌触りは、官能的ですらあります。

官能的ポタージュを作ってくれる
私のバッドボーイは、こんな子です。↓
e0202287_15154286.jpg


我が家では6、7年愛用しているのだけれど、
その力強さと破壊力は、まさに野獣(Beast)ですわよ。




にほんブログ村
[PR]
# by mameko101 | 2017-07-27 15:38 | 白いパン
e0202287_14145077.jpg

アメリカで大人気の食パン、Dave's Killer Bread。
オーガニック材料で作られた全粒粉パンで、
雑穀やシード類がどっさり入っていて栄養価が高く、
当然ながら、値段もお高い!
一袋(1.5斤)5~6ドルもするのです。

500円の食パン、高いわよね~。
だから私は似たようなモノを自作しています。
e0202287_14185134.jpg

e0202287_14225777.jpg

まめ子流は捏ねも焼きもホームベーカリー使用です。
スポンジ法をとり入れて、ひと手間かけることで、
お味がグンと良くなります。

たくさんのバラエティーの中から、今回は黄色のパッケージの
Good Seed を参考にしました。
原材料を見ると、小麦全粒粉の他に白い小麦粉も
使っているようなので、3割程の強力粉を混ぜてあります。

e0202287_14243055.jpg


【Good Seed風食パン 1斤】

<スポンジ種>
●小麦全粒粉:140g
●きび砂糖:20g
●大豆レシチン:6g(大さじ1)
●モラセス:10g
●酢:小さじ1
●ぬるま湯:モラセス+酢+水の合計で230mlくらい
●ドライイースト:3g(小さじ1)


<ドウ(本捏ね)>
●小麦全粒粉:60g
●強力粉:80g
●グルテン粉:15g
●塩:5g(小さじ1)
●挽割り小麦:20g
●オートブラン:10g
●スティールカットオーツ:15g
●亜麻仁:15g
●ひまわりの種:15g
●粉末のフラックスシード:10g
●白ゴマ:小さじ2
●黒ゴマ:小さじ2

※ボウルに材料を全部入れて、よく混ぜておく。


<トッピング用シード>
●亜麻仁:小さじ1
●ひまわりの種:小さじ2
●白ゴマ:小さじ1
●黒ゴマ:小さじ1/2


《作り方》

1)モラセスはぬるま湯でよく溶かす。

2)HBのパンケースにスポンジ種の材料を入れて、
2~3分ミキシングする。粉が見えなくなって、
全体的に混ざればOK。パンケーキの種のような、
ドロリとした状態になる。

3)HBの電源を切り、1時間放置する。

4)1時間放置したスポンジ種に、よく混ぜ合わせた
ドウ(本捏ね)の材料を加えて、生地作りコースで捏ねる。
生地の様子を見ながら、水分が少ないようであれば、
大さじ1ずつ水を足し、多すぎるようなら大さじ1ずつ
強力粉を足して、調整すること。

一次発酵30分くらい。

5)一次発酵が終わった生地をケースから取り出し、
ガス抜きをして、ワンローフに成形する。

6)成形した生地の表面を水で濡らして、トッピング用の
シードを万遍なくまぶし付け、ケースに戻す。

7)ケースをHB本体に戻し、二次発酵させる。
時間は45分~1時間くらい。
生地が乾燥しないように、ラップなどをかけておくと良い。

8)発酵が終了したらラップを外して、HBの焼きコースで焼く。
焼き時間は40分くらい。焼き色は普通。

9)終了ブザーが鳴ったら、すぐにパンを取り出し、冷ます。
スライスするの5~6時間経ってから。






にほんブログ村
[PR]
# by mameko101 | 2017-07-19 14:34 | 市販のパンに挑戦

イタリアン・ブレッド

ミートソース・スパゲティーのお供に、
ガーリックトーストを食べたいと思いまして、
急遽、イタリアン・ブレッドを焼くことに。

果たしてコレが正統派なのかどうか定かではありませんが、
アメリカのスーパーで『イタリアン・ブレッド』という名前で
売られているのは、大体こういう感じのパンです。
e0202287_462831.jpg
e0202287_472356.jpg

リーンな配合の食事パンで、バゲットに比べると
作りやすくて食べやすい。
油が全く入らないレシピもあるけれど、
私はオリーブ油を少し入れて、ソフトに仕上げます。
今回はセモリナ粉も混ぜました。
e0202287_491492.jpg

トーストにしたら、軽くてサクサクの食感で美味しかった。
e0202287_4112738.jpg

e0202287_412492.jpg

【1斤分の材料】

オールパーパス粉:220g
セモリナ粉:60g
塩:5g
粉末モルト:小さじ1/2
大豆レシチン:小さじ1/4
オリーブ油:大さじ1
ドライイースト:3g
水:200ml

400°F / 25分
スチームあり。





にほんブログ村
[PR]
# by mameko101 | 2017-06-24 04:28 | 白いパン
アメリカの紅茶好きさん達からよく聞く、
Harney & Sons(ハーニー&サンズ)という名前。
1983年、ニューヨークで創業されたお茶屋さんらしいわ。

見るからに高級感のある、オシャレで都会的な雰囲気の
パッケージでね、私が住んでいるこんなど田舎の店には
売っていないだろうな~、とずっと思い込んでいたの。

そしたらね、何と近所のウォルマートで発見!
ハーブティーと合わせて4~5種類くらいあったかな。
その中から、香りが素晴らしい!と、皆さんが大絶賛する
Hot Cinnamon Sunset を買ってみました。
e0202287_12201139.jpg

e0202287_12215622.jpg

確かに、アメリカ人が好きそうな香りですねー。
シナモンの香りは非常に強い。
子供の頃、ニッキ飴というのが好きでよく食べたけど、
アレにそっくりなの。
シナモンロールの香りとは何か違う感じ。
e0202287_12242248.jpg

砂糖は入っていないと思うんだけど、甘味がある。
甘い味のハーブか何かがブレンドしてあるのかしら?
この甘さもニッキ飴っぽくて、郷愁を誘うのだわ。




にほんブログ村
[PR]
# by mameko101 | 2017-04-25 12:34 | 飲み物
ある日、外出先で本屋の閉店セールに遭遇しましてね。
その時にこの本を見つけました。
『 The best of Mrs.BEETON'S Cakes & Baking 』
値段は税込みで$2.96也。
e0202287_1535884.jpg

200以上のレシピが載っているのですが、まず一番最初に、
ダイジェスティブ・ビスケットを作ってみました。
e0202287_15374241.jpg

砂糖はほんの少ししか入っていないので、あまり
甘くはないけれど、サクサク香ばしくて美味しいです。
オートミール粉を入れることで、このサクサク食感が
生まれるのかしら?

ビスケットの片面にチョコレートをコーティングすれば、
マクビティーのアレみたいになるね。
でも面倒くさいので、私はそこまではやらないけども。

この素朴な自家製ビスケットでも、紅茶が十分美味しく
飲めるので、私は満足しております♪
e0202287_15394276.jpg


【約24枚分の材料】

小麦全粒粉:150g
薄力粉:50g
オートミール粉:50g
ベーキングパウダー:小さじ1
塩:小さじ1/2
ライトブラウンシュガー:30g
バター(マーガリン):100g
ミルク:60ml

※オートミール粉はオートミールをミキサーにかけて、
細かい粉状に粉砕したもの。

※ミルクは豆乳を使用しました。

※作り方はスコーンと同じ。
厚さ3~4mmに伸して、直径6cmの型で抜く。
オーブン180℃/350℉で15分焼く。





にほんブログ村
[PR]
# by mameko101 | 2017-04-11 15:54 | お菓子

健康・ダイエット・アンチエイジングに役立つ全粒穀物(ホールグレイン)の健康パン作りに励んでいます。


by mameko101