カテゴリ:市販のパンに挑戦( 4 )

コストコのホールグレインローフ風

コストコで売っている「ホールグレインローフ」という雑穀パン、
日本でも人気があるみたいですね。
食べてみたくなって、ベーカリーを覘いたんですが、
それらしきパンが何処にも見当たらない。
お店の人に訊いたら、もう製造していません、と言われちゃった。

仕方が無いので買うのを諦めて、似たような物を自作してみましたよ。
La Brea Bakery のサイトに出ている原材料を見ながら、
配合を考えました。

結果、こんなのが出来ました。形がブサイクなのは見逃してね~
e0202287_15181022.jpg

現物を食べた事がないので、味が同じかどうかは分かりません。
悪しからず。

e0202287_15242972.jpg


【1個分の材料】

強力粉:140g
小麦全粒粉:70g
ライ麦粉:20g
モルトパウダー:10g
塩:5g(小さじ1)
フラックスミール:10g
蜂蜜:大さじ1
酢:小さじ2
ドライイースト:3g(小さじ1)

★10グレインシリアル:30g
★ミレット(粟):15g
★挽き割り小麦:15g
★ひまわりの種:15g
★亜麻仁:10g
★コーンミール(粗挽き):5g
熱湯:180mlくらい


《作り方》

①★印の雑穀類をボウルに合わせ、熱湯を回しかけて、
数時間~一晩置いておく。

②浸漬処理した①をホームベーカリーのパンケースに移し、
他の材料も全て合わせて、生地作りコースで生地を作る。
ここで生地の様子を見ながら水分を調整する。

③生地が出来上がったら、パンケースから取り出し、
ナマコ形に成形する。長さは16~17cmくらい。

④二次発酵をとる。目安は45~60分。
元の大きさの2倍くらいに膨らんでいれば発酵終了。

⑤霧吹きで表面を濡らし、中心にクープを一本入れる。
オーブン個内にもたっぷり霧吹きするかスチームをかけて、
230℃に予熱したオーブンで30~40分焼く。


※材料中の「10グレインシリアル」はコレを使っています。
小麦、コーン、ライ麦、ライ小麦、オーツ麦、大豆、粟、大麦、
玄米、亜麻仁の砕いたものがミックスされています。
 

e0202287_15255036.jpg





にほんブログ村
[PR]
by mameko101 | 2015-04-01 15:43 | 市販のパンに挑戦

キラー・ブレッドはお好き?

オーガニック&無添加パンで人気のDave's Killer Bread 。
最近、袋のデザインがリニューアルされましたね。
すっきり見やすく、ちょっとオシャレに変身してます。
手書き風の、何だか泥臭いような旧デザイン、
個人的にはそんな所に魅力を感じたんだけどね~。

オーガニック材料を使った健康志向のパン故、値段はお高め。
それでも人気があって、ファンが多いみたいですよ。
私がいつも利用している激安スーパーでは4~5ドル、
他のお店では平均的に5~6ドルするみたい。

上質の材料を使っていて味も良いから、お値段が張るのは
仕方ないけれど、頻繁に買うにはちょっと痛いわ。
だから時々、こんなパン↓を自作しております。
e0202287_1610295.jpg

ニセ・キラー・ブレッド」と呼んでます。
e0202287_16122285.jpg


【1斤分の材料】

小麦全粒粉:280g
グルテン粉:10g
塩:小さじ1(5g)
砂糖:10g
大豆レシチン:大さじ1(6g)
オートブラン:大さじ1(10g)
挽き割り小麦:大さじ2(20g)
フラックスシードミール:大さじ2
モラセス:大さじ1
ぬるま湯:190~220mlくらい
ドライイースト:小さじ1(3g)

《後入れ材料》  ←HBの具入れブザーが鳴ったら投入する。
亜麻仁:大さじ1
ひまわりの種:小さじ2
かぼちゃの種:小さじ2
白ゴマ:小さじ2
黒ゴマ:小さじ2

《トッピング》  
オートミール:大さじ1(省略可)
亜麻仁:小さじ1~2
ひまわりの種:小さじ1/2
かぼちゃの種:小さじ1/2
白ゴマ:小さじ2
黒ゴマ:小さじ1

《作り方》 
●HBの生地作りコースで捏ねと一次発酵を済ませる。
●出来上がったパン生地をケースから取り出し、成形する。
●生地の表面を水で濡らして、トッピング用のシード類を
全体的にまぶし付ける。
●羽根を抜いたパンケースに成形した生地を戻し、二次発酵。
●二次発酵の目安時間は45~60分くらい。元の大きさの
二倍くらいに膨らんでいたらOK。
●焼き専用コースで40分くらい焼く。焼き色は「普通」に設定。





にほんブログ村
[PR]
by mameko101 | 2014-05-05 16:25 | 市販のパンに挑戦

【楽園の味】ハワイアン・ブレッド

e0202287_1374070.jpg

このパンは甘くてふんわり柔らかくて、
日本のパンにとてもよく似ています。
子どもの頃に食べたミルクパンを
彷彿とさせる味なんですね~。

アメリカのパンは不味くて食べられない!
と言う日本人でも、このキングス・ベーカリーの
ハワイアン・ブレッドは口に合う人が多いようです。
e0202287_1394466.jpg

1950年代、日系二世のロバート・タイラ氏が、
ハワイのヒロに第一号店のパン屋をオープン。
そこのベーカリーで誕生したのが、後に有名になる
ハワイアン・スイート・ブレッドなのだそうです。

ネットや本に出ているレシピ、製品の袋に書いてある
原材料等を参考にしつつ、配合を考えてみました。
甘さとミルク感は本家より控えめですが、
ほんのり甘くて柔らかいロールです。
e0202287_13111377.jpg

【1斤分の材料】

オールパーパス粉:280g
砂糖:40g
塩:小さじ1
スキムミルク:10g
大豆粉:小さじ1
グルテン粉:大さじ1
大豆レシチン:小さじ1
マッシュポテトの素:小さじ4
卵:1個
無塩バター:30g
バニラエッセンス:小さじ1/4
レモンエッセンス:小さじ1/4
水:140mlくらい
ドライイースト:小さじ1


一次発酵が終了したら、好きな個数に分割し、
丸めて型に詰める。
二次発酵後、180℃に予熱したオーブンで
10~15分焼成。

砂糖の量が多目なので発酵に時間がかかります。
今回は90分くらいかかりました。
耐糖性イーストがあれば、それを使うとよいでしょう。



にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村
[PR]
by mameko101 | 2011-05-18 13:19 | 市販のパンに挑戦

「麦のめぐみ」風の角食パン

全粒粉入りの食パンと聞いて、真っ先に
思い浮かぶのはこの「麦のめぐみ」です。
e0202287_18325979.jpg

日本の普通のスーパーに売られている、
最もポピュラーな全粒粉パンではないでしょうか。

私もこの食パンは好きでした。
子どもの頃には、母がよく買っていましたが、
昔は「ローマンミール食パン」と
呼んでいた記憶があります。

米国ローマンミール社のミックス粉を
使って作っているパンだそうで、
その証にこのマークがついているのだとか。
e0202287_1837525.jpg


2~3年前、何気なく袋に書かれてある
材料名を眺めていましたら、何やら
見覚えのない材料が登場していたのです。
その名は「脱脂亜麻仁」。

亜麻仁はゴマに似た小さな種子で、
オメガ3という良質の脂肪酸が豊富に
含まれています。
亜麻仁の最重要部分はこの油ですから、それが
取り除かれていたら、健康上のメリットは
ないような気がしますが・・・・。
まぁ、食物繊維は摂れますね。

e0202287_18394477.jpg


【1斤分の材料】

強力粉:140g
全粒粉:110g
ライ麦粉:30g
亜麻ミール:大さじ2
塩:小さじ1
グルテン粉:大さじ1
スキムミルク:大さじ1
大豆レシチン:大さじ1
はちみつ:大さじ2
水:200mlくらい
ドライイースト:小さじ1

※脱脂亜麻仁の代わりに、亜麻仁を挽いて
ミール状にしたものを使いました。
私は強力粉を5割の配合にしていますが、
7~8割に増やせば、もう少し本家に
近いものが出来るかもしれません。



にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
にほんブログ村
[PR]
by mameko101 | 2010-12-08 18:47 | 市販のパンに挑戦