八月のプラム

今年の夏もプラムをたくさん貰いました。
生でそのまま食べても美味しいのですが、
食べきれない程の量なので、
長く保存できるように加工します。

果実酢、酵素シロップの他に、今年は
こんなものを仕込みましたよ。

********************************************
●プラムのクーヘン
こちらはイースト使用の発酵菓子。
トッピングしたプラムがジャムのようにとろけて美味しかった。

e0202287_14453682.jpg

*********************************************

●プラム酒
アメリカにはホワイトリカーというのが売られていないので、
ウォッカで作りました。
氷砂糖も手に入らないので、普通のグラニュー糖で。

e0202287_14481774.jpg

*********************************************
●梅干しもどき
生まれて初めて梅干し作りに挑戦してみました。
本当はプラム干しですけどね。

e0202287_14484199.jpg

味は昔ながらのしょっぱい梅干しそのものです!
本物の梅干しと比べて、プラムは皮が固いけど、
出来栄えには満足。
e0202287_14485859.jpg
こちらのレシピを見て作りました。

*********************************************

●プラム・ジャム
1キロ強のプラムを使って、これだけの
ジャムが出来上がりました。

e0202287_14492054.jpg
コーンブレッドを軽くトーストして、
バターとジャムを塗って、いただきます。
e0202287_14493886.jpg
甘酸っぱくて美味しい♪ ご馳走さまでした。





[PR]
by mameko101 | 2017-09-09 15:23 | よもやま話
<< 河童がここにいてほしい キャンベル的牛肉と野菜のスープ >>